STRUCTUAL

ずっと安心のある住まい。ベルクハウスのテクノロジー。

ベルクハウスが提案する最良な住まいを実現する要素の一つとして
様々な構造と最新のテクノロジーが存在します。
天井高もあるダイナミックな空間を表現するための構造。
魅せるファサードデザインを実現するための最新技術。
安心・快適な暮らしを過ごせる断熱・耐震建材の採用。
高いレベルで安心、安全、快適に暮らせる住まいづくりを
ベルクハウスは常に追求し続けています。

STRUCTUAL | 構造・テクノロジー

ベルクハウスが採用する構造

木製の軸組で家の骨組みをつくる工法のこと。建物のそれぞれの長さが自由に決められるので、ほかの工法よりプランニングの自由度がもっとも高い工法です。
構造用集成材とその端部等に金物を取り付け接合するものです。地震や台風などを考慮して、厳重な構造計算を行うことで安心で安全な住まいづくりを行う構法です。
パネル化された壁や床などの「面」で家を構成するのが特徴。耐震性、気密性、断熱性に優れ、在来工法と比較して、施工が簡単で、工期も比較的短いのが特徴。
構造材に厚さ6mm以上の網材を使用する重量鉄骨造は、鉄骨自体がとても丈夫なので柱の本数が少なく、設計の自由度が広がります。耐用年数も長い構造です。
地震・火災・台風・水害などの災害に強く、高い耐久性があります。狭小地から大空間のプランまでお客様のご要望を満たす自由なデザインと設計が可能です。
ベルクハウスが求める、長期優良住宅へ向けての住まい創り。
優れた耐震性・耐久性のある技術により、住む人がより快適に暮らせるよう、
ベルクハウスは長期優良住宅を推奨しています。「永く住まう家」、ずっと安心して暮せる住まいをご提案いたします。
ずっと永く大切に、長期優良住宅。
2009年6月4日より、長期優良住宅の認定がスタートし、国をあげて寿命の長い住宅の普及・支援がはじまりました。長期優良住宅は、これまで主流だった「古くなったら建て替える」住まいのスタイルではなく、住宅の寿命を延ばすことで解体による環境負荷を減らし、数十年経っても資産価値を高めていく住まいのことです。耐震性・省エネルギー性等の様々な項目の基準値を超えた住宅が、長期優良住宅として認定されます。

ベルクハウスが採用するテクノロジー

地震に強い住まいにするために

静かな住まいにするために

高い断熱性の住まいのために

耐久性の高い住まいのために

光熱費ゼロ住宅