×

Architects Residence

安心・安全の家づくり

安心・安全の家づくり
構造・仕様

ずっと安心のある住まい。
ベルクハウスのテクノロジー。

住まいは家族が一番安らげる場所であるべき–。
その想いで、ベルクハウスは上質な住まいづくりの
テクノロジーを確立してきました。
安全に彩られた構造と仕様で暮らしを影から支え、
お客様がずっと安心して暮らせる住まいをお届けします。

  • 構造・工法
  • 採用テクノロジー
  • 推奨テクノロジー

構造・工法

お客様のご予算とプランに合わせた最適な構造・工法で、
住まいづくりを実現します。

個性豊かなプランに対応
在来工法

木造軸組工法とは、木製の軸組で家の骨組みをつくる工法のこと。建物のそれぞれの長さが自由に決められるので、ほかの工法よりプランニングの自由度がもっとも高い工法です。狭い土地や変形敷地に対応できる柔軟性、部分的な修繕・改築を行うことができるのがメリット。

地震・台風に強い構造
木造ラーメン構法(ビーフレーム)

木造ラーメン構法は、構造用集成材とその端部等に金物を取り付け接合するものです。地震や台風などを考慮して、厳重な構造計算を行うことで安心・安全な家づくりを行う構法です。

短い工期で、高い居住性を実現
2×4工法

ツーバイフォーとは、北米で開発された建築工法。パネル化された壁や床などの「面」で家を構成するのが特徴で、耐震性、気密性、断熱性に優れています。木造軸組工法と比較して、施工が簡単で、工期も比較的短いのが特徴。

強く、しかも設計の自由度が高い
重量鉄骨造

構造材に厚さ6mm以上の網材を使用する構造のこと。重量鉄骨造は、鉄骨自体がとても丈夫なので柱の本数が少なくてすみ、筋交いをなくせるので、軽量鉄骨造よりさらに設計の自由度が広がり、耐用年数も長い構造です。

永く暮らせる安心の住まい構造
鉄筋コンクリート(RC)造

地震・火災・台風・水害などの災害に強く、高い耐久性があります。遮音声が高く、静かに暮らしたい方にはぴったり。現場施工の鉄筋コンクリート造の家は自由設計度が非常に高く、狭小地への対応はもちろん、大空間が必要な場合でもお客様のご要望を満たす、自由なデザインが可能です。

採用テクノロジー

地震に強い住まいにするために

ダイライト耐震実験風景 左:従来の在来工法建物 右:ダイライト施工建物

外壁下地材
エンジニアリングパネル

外壁側の柱の外側に取り付ける壁材にはエンジニアリングパネルという新素材パネルを使用します。 このパネルを筋交いと併用して使用することで柱だけでなく面でも家を支え、より強い躯体を実現します。

金物

ベルクハウスでは、特に負担がかかる通し柱を強靭な金物で接合します。断面欠損は金物を差し込む溝のみとなり、より安全性が高い構造躯体にしています。

剛床工法

剛床工法とは、根太を設けず床下地合板の厚みを厚くして、直接梁材に留め付ける床組みで、根太工法に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して強く、火打ち梁を省く事が出来ます。

ベタ基礎

ベタ基礎は面で分散して建物の荷重を逃がします。

遮音用石膏ボード

上階の床面には、構造用合板と床材の間に、遮音用石こうボード15mmを敷き詰めます。これにより生活騒音を吸収します。

防震吊木

床衝撃音の振動波を吸収する防振材(クロロプレンゴム)と振動に共振しにくい特殊な硝子繊維強化プラスチックが使われており、振動に伴う固体伝達音を最も効果的に遮断する働きが備わっています。

静かな住まいにするために

高い断熱性の住まいのために

現場吹付発泡断熱材

発泡ウレタンの採用により次世代省エネ基準を大きく上回る気密性、断熱性を実現しています。高い断熱性や湿気に対する抵抗性が壁体内結露の発生を抑制し寿命の長い住宅を実現しています。

基礎断熱

基礎断熱を施すことにより、高湿になりがちな床下が室内空間に近づくために、床の木構造材の乾燥状態を保て、構造体の耐久性が向上します。

外部建具
複層ガラス

断熱性能の高い複層ガラスを採用し、防露性能を高める仕様になっています。また、無駄なラインを排除して、美しいデザインを採用しています。

防腐・防蟻 夢炭

夢炭は、従来の防蟻・防腐剤のような化学物質を使わず、木質系天然素材と微粉末木質炭素・天然鉱石を配合した液状活性触媒炭です。

給水・給湯・排水配管 ヘッダー配管方式

安全性・快適性・経済性を提供する高品質ヘッダー方式を採用して、水漏れの発生を防ぎます。2箇所同時に使用しても、流量・温度変化が小さく、湯持ち時間が短いなど、節水、省エネにも役立ちます。

外壁通気工法用モルタル

通気工法用に開発された、木造住宅用軽量既調合モルタル従来品のラスモルをさらに高強度、低給水、高耐久性化をはかりました。 アリスグラスファイバーネットでクラックを大幅軽減。

耐久性の高い住まいのために

Technical 03推奨テクノロジー

耐震構法
B-Frame(ビー・フレーム)
柱勝ち木造ラーメン構造

地震を想定して構造計算を行う耐震工法

安心と安全が住宅建築のかたちになりました。強度の高い集成材の接合部に、独自の金物を用いる構法は、在来の軸組工法と比較して、断面欠損の少ない強固な接合部を生み出します。
接合部が強靭であることにより、柱と梁のみで揺るぎない強度の骨組みを生み出すことが出来ます。柱と梁で建築を支える構造を「ラーメン構造」といいますが、接合部を強化した堅牢なラーメン構造。骨組み全体で建築を支えるので、まさに家そのものが大黒柱であるといえます。柱や区画の壁が少ないために、光を取り入れる大きな開口部や窓、出入り口、そして広々とした吹抜け空間が安全に実現できます。また、2階建てや平屋であっても、鉄骨造やRC造と同様の立体解析により、構造計算を実施します。大地震に見舞われることをあらかじめ想定・検討しています。

B-Frameの特徴

1最大9mの開口スパンが可能。クルマ3台の並列駐車が可能。
2最大階高4.5mの大空間を安全に実現。
3下階より上階を1.2mまで持ち出し可能。
4バルコニーと柱をして1.5mまで持ち出し可能。
5専門の構造設計士によって構造計算を実施。

地震の揺れをエネルギーに変える
住宅用制振ダンパーMIRAIE (ミライエ)

MIRAIEの特徴

1揺れを最大70%※吸収
優れたエネルギー吸収性能を持つ高減衰ゴムは、高層ビルや斜張橋などの制振装置にも採用され、安全性を支えています。 ※実大振動台実験による。

2繰り返す地震に効果を発揮
本震だけでなく、何度も発生する余震から住まいを守りつづけます。 地震によるダメージを軽減するので、補修を最小限にとどめます。

3高い耐震性能が長時間続く
MIRAIEの「高減衰ゴム」は、60年※経過しても性能がほとんど変わらないことが実験で確認されています。 メンテナンスの必要もありません。

光熱費ゼロ住宅〈光熱費の負担がかからないことを目指す住まいです。〉

住宅の断熱性能を向上させ、エネファームと太陽光発電を組み合わせたダブル発電を採用。買電金額と売電金額を近づけ光熱費の負担のない住まいを目指します。

■光熱費の試算例※注1
〈条件〉
①光熱費ゼロ住宅用断熱仕様によりQ値1.9w/㎡ ℃を実現した場合
②省エネルギー設備の導入 エネファーム(2013年機)+太陽光発電+LED照明+全熱交換器etc

※注1:お客様の敷地条件・プラン・設備・家電製品、ライフスタイルによって試算条件を満たしていても、光熱費がゼロにならない場合がございます。

【東京ガス・ベルクハウスの共同試算】戸建 延床面積 97.32㎡ 4人家族のモデル一例 ご使用状況により各数値(光熱費、売電量など)は異なります。●使用料金 平成25年1月1日時点の平均原料・燃料価格に基づく(基本料金含む)。<ガス料金>各家庭用選択約款契約(東京地区等)<電気料金>東京電力の従量電灯B●家庭用選択約款・エネファーム:エネファームで発電エコぷらん(家庭用燃料電池契約)床暖割・家庭用選択約款のご契約はお客様からのお申込みが必要です。・家庭用選択約款のご契約は東京ガスブランド品に限りません。・群馬南地区には家庭用選択約款はございません。ご注意ください。●年間負荷/給湯:13.98GJ、風呂保温:1.55GJ、調理:2.22GJ、冷房:0.67GJ、床暖房:0.72GJ、エアコン暖房:2.14GJ、照明ほか:12.01GJ●使用機器/エネファーム、ガス温水床暖房、電気エアコン、ガスコンロ●年間消費電力量/3587kWh●年間発電量/エネファーム:2828kWh、太陽光発電:4000kWh(電気契約は40A)※太陽光発電の新買取制度は25年度単価(太陽光発電:38円/kWh、W発電:31円/kWh) ※25年度ダブル発電応援キャンペーンのエコキャッシュ単価はkWhあたり7円です。 ●CO2排出係数/ガス 2.29kg-CO2/㎥(東京ガスデータ)電気0.69kg-CO2/kWh(「中央環境審議会、地球環境部、目標達成シナリオ小委員会、中間取りまとめ」H13.7より)●一次エネルギー換算値/ガス45MJ/㎥、電気9.76MJ/kWh