LifeDesign Lab

2018-12-26

注文住宅の予算についてある程度概要や規模を知っておこう

注文住宅の予算は、メーカーによってかなり金額設定も変わってきます。このあたりは、発注するときに何を重視するのか、規模や広さ、メーカーの長所などにも違います。事前に十分に調べて、ある程度納得したうえで選ぶことをおすすめいたします。

予算を組むときのポイント

注文住宅の予算を組むとなると、当然、ある程度希望する条件があります。分譲住宅とは違い、自分が何を重視しているのか、そしてどの程度の坪単価になっているのか概要を確認しておくと、納得したうえで発注することができます。このあたりはしっかりと確認しておかないと、あとで後悔してしまう結果になってしまうことがあります。

 

なるべく住宅ローンを組むとなると、金利の負担を考えるなら総額を少なくしたい、元本を早く返済したい、など様々なことを考えるでしょう。しかしやはり最終的にはある程度、納得したうえで自分で何を重視して選ぶのかによっても金額設定や選び方が変わってきてしまいます。

 

無理のない返済計画の中で予算を検討、吟味して選ぶようにしましょう。後で後悔しないようにするためにも、金額面で不利益を被らないよう、メーカーごとの長所や特徴、そして強みなども具体的に時間をかけて比較しておくことをおすすめいたします。これは実際に過去の施工例を見たりすればある程度イメージしやすくなるでしょう。

どのように注文住宅の予算の金額設定をするか

借り入れの予算の設定は、基本的に多くの人が住宅ローンを銀行から融資という形で受け入れることになります。その金額は、様々なプランや予算がありますが、年収や頭金、自己資産、今後の将来設定などによって大きく変わってきます。それを十分に考えたうえで納得した方法で選ぶようにしておくことをおすすめいたします。

 

この点に関しては、事前に銀行で一度確認しておくと間違いありません。中長期の視点から考えると金利の負担は決して少なくありません。近年は金利の設定は比較的低く設定されている例が多くありますが、地方銀行とメガバンクでは審査基準も違いますし、金利設定もかなり違います。そのあたりの金額設定も含めて、どの点を重視して選びたいのかを納得して選べるようにしておくことをおすすめいたします。

賃貸と購入の違い

賃貸物件のマンションや住宅に住んでいる人であれば、毎月、賃料を支払う負担は決して少なくありません。この点があまりよくないのではないか、と考えがちです。しかし実際に注文住宅を選ぶ人は、長い目でみると資産として住宅を手に入れられるという強みがあります。これは大きな武器になるといえます。

 

実際に長い目でみると、かなりよいポイントであることは間違いありません。賃貸と購入という点では資産を得られるという強みもあります。また、注文住宅であれば、ご家庭の状況に合わせてかなり贅沢に自分の家を設計できることは大きな魅力です。

 

長く中長期に住むとなると、やはり住み心地や快適さは欠かすことができないポイントでもあるのです。安定して納得できる条件を決めておくことが望ましいでしょう。このためにはある程度、メーカーごとの強みや何を自分が希望しているのか方向性をしっかりと決めて選ぶことがポイントです。

何を重視するかによって大きく変わる

注文住宅の予算は、何を重視して選ぶかによって、選ぶ基準は大きく変わってきます。このあたりは、自分で希望する条件や方向性をしっかりと選んで決めておかないと、その方向性があいまいになってしまいます。無制限に高い住宅を作ることは不可能ですので、どこまではこだわり、ある程度は妥協する、ということを意識して選ぶことがポイントです。

 

そのためには、自分で何を重視するべきか、家族の住宅への希望をはっきりとさせておくと選びやすくなります。自分たちがどのような家に住みたいのか、何を最終的に重視したいのか、ということを決めておくと、選ぶ時にも迷いなく選択をすることができます。

 

建築のポイント、材質、立地、ローンの種類、最終的な支払い金額、頭金や金融機関の選び方、など考えると多くのことを準備しなければなりません。当然、苦労する一面もありますが、それだけやりがいのあることでもあります。一生に一度の大きな買い物だからこそ、ぜひ納得して選びましょう。

まとめ

注文住宅の予算は何を重視して選ぶかによって大きく変わってしまいます。通常の分譲住宅とは違い、選ぶときにはこだわりを反映できる反面、坪単価はどうしても割高になってしまいます。世帯年収なども含めて、予算をしっかりと決めて、納得できる分譲住宅を選ぶようにしておくことをおすすめいたします。最終的に何を大切にしたいのか、しっかりと方向性を決めて選べば、よい物件を選べることは間違いないでしょう。ぜひその点も含めてよい条件を選べるようにしておくと、最終的に納得できることは間違いありません。