LifeDesign Lab

2018-12-26

注文住宅の注意点を知ったうえで理想のマイホームを手に入れよう

注文住宅は、注意しなければならないことは決して少なくありません。しかし、理想のマイホームを手に入れる第一歩ですので、ぜひ具体的な条件や何を大切にしたいのか具体的に条件をチェックして選ぶようにしておくことをおすすめいたします。注意点を確認したうえでぜひ、理想的な家を手に入れましょう。

 

予算オーバーにならないようにしよう

まず、選ぶ時に注意するべきポイントは予算オーバーにならないようにすることです。これは、ある程度、自分で金額設定をできる注文住宅だからこそ生じる問題でもあります。細部にこだわりすぎる、自分の支払うべき毎月のローンを超えたプランを選んでしまう、などは注意点になります。

 

ある程度、納得したうえ、自分で住宅を選ぶようにすれば、比較的よい条件の物件を選ぶことが可能です。そのためには各ハウスメーカーの予算や、工法、力を入れているポイントなどを含めて、ある程度知っておくようにしましょう。また、仮にローコスト住宅と呼ばれる物件を選んだとしても、やはり金額は分譲物件と比較しても高くなってしまうことは仕方がないことです。

 

その分だけ、充実した自分の自由度を選べる、毎日の生活を自宅で過ごすことが楽しめる、家族それぞれの目的を実際に可能にすることができる、など魅力的なポイントが多くあります。ぜひ自分に合った方法で魅力的な住宅を選んでみてはいかがでしょうか。

事前に注意点を確認する

工法やメーカーにより、実は知らないと後で後悔してしまうようなポイントがあります。自分で間取りを決められる、要望を言えば反映される、などがありますが実際に完成したイメージと違う、などが注意点となります。これは、実はメーカーの問題だけではなく、発注した自分が早合点をしてしまっている可能性があります。

 

当然、大きな買い物だからこそ、きっちりと納得したうえで物件を選ぶようにすることが大切です。この点をあいまいにしてしまうと、せっかくの住宅を選ぶ時に、十分によい条件の物件を選択できなくなってしまう可能性があります。自分で納得したうえで、よい注文住宅を選ぶようにすれば、毎日を快適かつ、文化的な生活を送ることができるでしょう。

ローンの審査が通過するかの注意点

銀行から借り入れて、住宅を建てる場合、まずローンが通過するか事前に確認しなければ、注文住宅は実現できません。そのためには、具体的にプランを吟味し、計画を十分に確認をしておかなければなりません。銀行ローンの審査は、事前に仮審査がありますので、頭金や現在の借り入れ、収入証明書など準備するべきことをきっちりと用意しておきましょう。

 

そうすれば、住宅ローンの審査も有利になることは間違いありません。ある程度、条件を吟味して、銀行の担当者とも相談のうえ、どの程度の予算であればローンの審査が通過するのか、事前に確認してみましょう。ただし、それから大幅に高額の注文住宅のプランを組んでしまうと、その後に融資を受けられなくなることがあるので注意点として覚えておきましょう。資金計画が必要になる場合もありますが、綿密に準備をすれば注意点はクリアできます。場合によっては複数の金融機関を利用する、という選択肢も考えたうえで選択することもポイントです。

要望をはっきりと伝える

メーカーの担当者にも注文住宅の要望をはっきりと伝えるようにすることは注意点の一つです。これは意外と知らないで、分譲の物件のように考えてしまいがちですが、実は分譲住宅はかなり自由度が高いのです。そのため、自分で決めなければならないことも決して少なくないのが現状です。十分に自分で納得したうえで、何が大切になるのかを決めておくようにすることがポイントとなります。

 

要望をしっかりと決め、ある程度その予算の中でよい住宅を選ぶようにしておくことです。これは注文住宅の担当者もはっきりと希望を伝えていただけるほうが、対応しやすいというメリットがあります。このあたりは、人によって選び方や方向性が違うからこそ、大切にしなければなりません。自分がどのようなことにこだわりたいのか、ぜひその点も加味しながら、最良の物件を選べるようにしておくことがポイントです。

まとめ

実際によい注文住宅にするためには、銀行ローンや準備することが多いなど、注意点は多くあります。大変なことがある反面、やりがいも十分に感じられるでしょうから、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。きっと、自分の希望に合った理想の住宅を手に入れられることは間違いありません。どのようなことをこだわりたいのか、ぜひ理想的な物件を手に入れるために十分に準備をしてみることをおすすめいたします。きっと、大変なぶんだけやりがいもありますし、それだけの価値があることです。夢のマイホームのために、大変な分もきっと後でよい思い出にすることができます。ぜひそのことを意識して理想の住宅を手に入れてみてください。