LifeDesign Lab

Life-Plan
豊かな生活
2019-04-24

東京で高級注文住宅を建てる場合はどうする?地下室を作る際の注意点を紹介!

東京で高級注文住宅を作る場合、趣味のゴルフ練習場やホームジム、音漏れを気にする心配がないシアタールームなど、自分の趣味を楽しむための地下室を作りたいという方も多いでしょう。

今回は、そんな東京で高級注文住宅として、地下室を作る上での注意点を紹介していくので、参考にしてみてください。

東京の高級注文住宅で地下室を作るメリット

東京の高級注文住宅で、地下室を作るのは自分の趣味のためにも大きなメリットとなります。具体的に、地下室を作ることで得られるメリットを紹介していくので、参考にしてみてください。

1.自由度のある部屋を作ることができる

地下室を作るメリットとしては、自由度のある部屋を作ることができるという点です。地上の部屋では、映画鑑賞やパーティー用に部屋を作ったとしても、近隣住人の方に迷惑をかけてしまう可能性があります。特に東京では、家が隣接していることも多いので、音漏れが激しい恐れがあるでしょう。

地下室の場合は地上と違い、密閉された空間であることから、大きな音を出しても問題ないため自由な設計を実現させることができます。

大きな音が出るシアタールームやパーティルームなどを設計しても、音が漏れる心配が少ないので、安心して楽しむことが可能です。

2.地下室の方が地上よりも地震に強い

実は地下室の方が、地上よりも地震に強い性質を持っています。そのため、地震に備える設計としても、地下室を作るメリットがあるでしょう。

地下室が地上よりも地震に強い理由としては、1つは地盤の中で地下構造物を振動させる力が小さいため、地震による影響が地下室は少ないという点です。

2つ目は、地下構造物は外周を周りにある地盤に取り巻かれているので、地震の際に周りの地盤に逃げ出すエネルギーが大きいということが考えられます。

東京の高級注文住宅で地下室を作る時の注意点

東京で高級注文住宅として、地下室を設計する場合、いくつかの注意点を把握しておくことが大切です。どのような注意点があるのか、紹介していきます。

1.採光や換気手段を確保する

趣味の空間のために地下室を作るといっても、真っ暗では何もすることができません。そのため、光や換気手段の確保が最優先で設計する必要があります。

閉塞した空間では、特に息苦しく感じてしまうことがあるので、採光や換気手段は快適な空間を作るためにも重要です。

採光を得る手段としては、「トップライト」と呼ばれる天窓を設けたり、建物の外壁に沿って地面を掘り下げてくる「ドライエリア」を設ける手段が有効になります。

またドライエリアの窓を開ければ、外気を入れる手段として活用することもできるので、換気手段としても利用することが可能です。また除湿効果も期待できるでしょう。

他にも設備を充実させれば、冬は暖かく、夏は涼しい環境を作り上げることもできます。

2.地下室の広さについて

地下室は一定の要件を満たしていれば、容積率の算定の基礎となる延床面積には算入されないということが建築基準法で定められています。この制度のことを「住宅地下室容積率不算入制度」というのが特徴です。

地下室が延床面積に算入されない要件とは、「地階であること」・「地盤面から地階の天井が1m以下であること」・「住宅の用途に供されていること」になります。

ただ不算入は最大で延床面積の3分の1までしか適用することができません。そのため、地下室の広さとしては作りたい地下室が延床面積の3分の1を超える面積ではないか、3分の1を超える場合には、地上階で使用できる面積が少なくなっても問題ないか確認しておきましょう。

3.地下室の設計実績がある設計事務所に依頼する

東京の高級注文住宅に地下室を設計する場合は、設計や施工が難しいため、実績が豊富な設計事務所に依頼することが重要です。

実際に事務所が地下室の設計実績があるかどうかは、施工例などをチェックすれば判断することができます。

またどのような地下室を作りたいのか、理想に合う設計を相談するためにも、経験が豊富な事務所の方が、設計しやすい地下室の提案を行うことができるので、信頼できる設計事務所に依頼することが重要です。

東京の高級注文住宅で地下室を設計し理想的な部屋作り

東京で高級注文住宅を作るためには、土地が狭くなることが考えられるので、地下室を設け、防音対策を施すことも一つの手です。その場合は、地下室の設計の実績が豊富な設計事務所に、設計を相談することが重要になります。

理想的な部屋を実現するためにも、地下室は趣味を楽しむ場として活用することができるでしょう。

地下室の施工事例をチェックし、自分のイメージと合う設計を行ってくれる設計事務所を調べてみてください。

実績がある設計事務所ほど、理想的な地下室作りの提案を受け入れてもらえやすいので、話がスムーズに進められます。

東京で高級注文住宅を作ることを検討し、地下室の部屋を考えているのであれば、今回紹介した注意点を把握して、設計を施すようにしましょう。