LifeDesign Lab

Research Layout
間取りを考える
2019-02-26

注文住宅のキッチンを選ぶ際の気をつけたいポイントを教えて!

料理が好きな人が特にこだわりたいスペースがキッチン。

自由に料理しやすいよう、あれこれ考えている人も多いと思います。

そんな理想のキッチンをつくるために気をつけたほうがいいポイントを紹介します。

 

注文住宅を建てるとき気をつけたいキッチンのポイント

1.収納を考える

キッチンにおいてもまず注意したいのが収納。フライパンや鍋などの大型のものや、普段使い用の食器やカトラリーなど、どこにしまえばもっとも効率的に動けるのか。

動線を考えたうえで、ベストポジションを探していきましょう。

 

また小物だけでなく、キッチンそのものの広さも重要。

キッチンには食器棚や冷蔵庫、電子レンジなど大型の家具・家電を設置するのが一般的です。

お気に入りの家具・家電を置いたら、自由に動き回れるスペースがほとんどなくなってしまったというケースも。特に夫婦や子供と一緒に調理したい場合は、二人分動き回れるスペースを確保して!

 

そうならないためにも、どのくらいのサイズの冷蔵庫や食器棚を置きたいのか、あらかじめ把握してから、キッチンスペースについて考えましょう。

 

2.家事動線を意識する

料理をするキッチンは一日の中でも滞在時間が長いスポット。

また効率的に作業をするためにも、家事動線をよく考えたうえで、物の配置スペースなどを決める必要があります。

 

例えば、食材にこだわって常に色々とストックを用意しておきたいタイプの人は広めのパントリーがあったほうが作業がはかどるでしょう。

 

またみんなでワイワイしながらホームパーティーをしたい場合は、視線が合いやすいIランドキッチンや対面キッチンを選ぶなど、生活スタイルを考慮したうえで最適なものを選びましょう。

 

まとめ

注文住宅を建てるうえで、大切な場所の一つがキッチン。

毎日過ごすスペースだからこそ、細部までしっかりこだわりたいですよね。

注文住宅は建売住宅と違って、憧れのキッチンを再現可能。

ぜひ日々の食事作りに精が出る、理想のキッチンを実現してください!