LifeDesign Lab

Favorite Space
お気に入りの空間
2016-11-15

こんな空間に仕上げたい! 基本のインテリアコーディネートスタイル

注文住宅で建築家とともに新居を建てたい、人気のデザイナー住宅から新居を探している、という場合は、最初の段階でどんなテイストが好みなのかを伝える必要があります。そんなとき知っておきたいのが、インテリアのスタイルを表す言葉。分類の方法や組み合わせでさまざまな呼び方がありますが、今回は代表的なものを中心に紹介していきます。

ナチュラルスタイル
自然素材を盛り込んで、居心地の良い空間に

その名の通り「自然」を意識した色彩を基調としたスタイルです。
中心はベージュやアイボリーといった、クセのない明るい色。そこに木の質感やぬくもりを感じさせるテイストを混ぜていきます。年齢、性別を問わず、幅広い層に人気があるインテリアスタイルです。

ナチュラルスタイルはさらに、「北欧ナチュラル」「ナチュラルモダン」「ナチュラルシンプル」などに分類することができます。
北欧ナチュラルは、明るい木目調をベースに、ポップなカラーのアイテムやデザイン性の高い照明などでアクセントを付けたスタイルです。
ナチュラルモダンは、ナチュラルカラーをベースに、シックなカラーのアイテムをコーディネートしたスタイル。ガラスやアイアンといった素材を足して、洗練されたスマートな雰囲気を加えることが特徴です。
ナチュラルシンプルは、ソフトトーンの木目とホワイトインテリアでまとめたテイスト。シンプルかつ清潔感があり、多くの人が好む人気のインテリアコーディネートです。

モダンスタイル
飽きのこない、シンプルで機能的な空間に

モダンスタイルの基本は「シンプル」。しかし演出方法によっては、そこにナチュラルやフォーマルな雰囲気も加えることができる、応用性の高いインテリアスタイルです。
色味を抑えた配色、スッキリとしたフォルム、直線的で洗練された大胆な造形の家具などを取り入れて、現代風に造り上げることが特徴です。

モダンスタイルも、アレンジ方法でいくつかに分類することができます。
シンプルモダンは、ガラスや金属、強化プラスチックなど無機質的な素材を使い、直線基調で軽快感が出るようにコーディネートされたスタイルです。
クール&スタイリッシュモダンは、コンクリート打ちっぱなしのように、見た目の印象を温度感が低いイメージに統一したスタイルです。
モダンポップは、シンプルモダンのテイストに、ポップな壁紙などでアクセントをつけてコーディネートしたスタイルです。サイケデリック調にアレンジしてもおもしろい空間になります。
ジャパニーズモダン(和モダン)は、シンプルな空間に木材や畳、和紙などのアイテムで和の伝統を現代風にアレンジしたスタイルです。

クラシックスタイル
重厚感・高級感を演出した憧れの空間に

クラシックスタイルは、中世ヨーロッパのお城や上流階級のお屋敷などをイメージさせる、重厚感のあるスタイルといえばイメージしやすいかもしれません。マホガニーのようなダークな色合いの木材や、ロートアイアンなどの華麗な飾りなどを使ってまとめるのが特徴です。

一番「クラシックらしいクラシック」はトラディショナルクラシックと呼ばれるスタイルです。伝統的なヨーロピアンテイストともいえ、重厚感の中にも流線型なインテリアを使うことで、フェミニンなイメージも作りやすいコーディネート方法です。
対してモダンクラシックは、古い雰囲気の中に、現代的なヨーロピアンテイストを感じさせるスタイルです。伝統的なテキスタイルを持ちながらそこに明るさも取り入れ、モダンな高級感を演出します。

カントリースタイル
親しみやすい、自分好みな空間に

アメリカやヨーロッパの田舎の家を感じさせる、カジュアルなスタイルです。自然素材を多用し、素朴で温かみのある手作り感を演出して仕上げていきます。アメリカン、フレンチ(プロヴァンス)、ブリテッシュなどの種類があります。

アメリカンカントリーは、壁や床などにパイン材用いて、ナチュラルな風合いと柔らかい質感で構成します。ウッドデッキやリビングの暖炉なども代表的なアイテムです。瓶などを使ったガラスの小物などもフィットします。
別名「プロヴァンス風」「南仏風」としてもよく知られるフレンチカントリーは、女性に人気が高いスタイル。無垢材のフローリング、漆喰の壁、ホワイトでペイントした家具など、質感が少し粗い素材を使用しているのが特徴です。
ブリティッシュカントリーは、他のスタイルよりややクラシックテイストが強いのが特徴のスタイルです。無垢な自然素材にギンガムチェックなどの伝統的なテキスタイルパターンを取り入れ、大胆に演出します。

アジアンスタイル
アジアンリゾート風の温かみのある空間に

籐やバンブーなどの素材を使い、アジアンリゾートな雰囲気にコーディネートします。カラーはブラウン系がメインで、布などの素材感も楽しめるのが特長です。

アジアン民芸調は、東南アジアのインテリアをメインに使用したコーディネート。アジアンリゾートのホテルやレストランをイメージすると分かりやすいかもしれません。木製のブラインドやシーリングファンなどでリゾート感を演出します。

モダンアジアンは、現代的なデザインと機能をもつ空間に、籐やバンブーなどアジアンな素材を組み合わせて構成するインテリアテイストです。100%アジアンでまとめるのは抵抗がある人にも受け入れられやすいデザインに仕上げることができます。

これから先も、さまざまなアレンジ方法により新しいインテリアスタイルが誕生するでしょうが、基本的には以上のものを組み合わせた様式になると思います。自分の好みと一緒に暮らす家族それぞれの好みを意見交換して、新居を世界で一番居心地の良い空間に仕上げてみてはいかがでしょう。