LifeDesign Lab

Life-Plan
豊かな生活
2019-07-19

東京でデザイナーズハウスを建てるメリットは?理想の家が建てられる!

オシャレで独自性のある家を建設することができるデザイナーズハウスは、東京で建てる上で、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なメリットを知ることで、選択できる幅を広げることができます。

今回は、東京でデザイナーズハウスを選ぶメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

東京でデザイナーズハウスを選ぶメリット

東京でデザイナーズハウスを選ぶメリットとは、どのようなことが言えるのでしょうか。具体的なメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

1.特徴的な土地でもアレンジできる対応力

通常の建売住宅の場合は、ある程度規格が存在していて、多少のアレンジを加えることで家を建築していきます。ただデザイナーズハウスと比較すると、狭小地のような変わった土地での建設が難しく、対応することができないケースもあるでしょう。
デザイナーズハウスの場合は、一棟の設計をデザイナーが行うことから、狭小地といった特徴的な土地でも柔軟な対応をしてくれます。
狭い土地でもあらゆる工夫で家を建設することができるので、機能性の高い家をデザイナーズハウスでは建築することが可能です。

2.オリジナリティ溢れる家が建てられる

デザイナーズハウスは、家の設計だけでなく、建築資材や設備まで要望に応えてもらうことができるため、オリジナリティ溢れる家を建設することが可能です。
輸入物など、日本国内で手に入ることができる資材であれば、デザイナーズハウスに取り入れることができるので、様々な組み合わせを実現することができます。

建売住宅であれば、限られた選択肢の中から選ぶ必要がありますが、デザイナーズハウスの場合は、あらゆる選択肢を自ら決めることが可能です。

3.コスト面でも節約可能

デザイナーズハウスを建築する場合、高額になると思われがちですが、予算に対しても相談することができ、その範囲内で家を建ててもらうことは可能です。使用する資材も、デザイナーズハウスであることから、自由に選択することができ、安い資材を選択することで、コストを抑えて家を建てることができます。

どれくらいの予算で家を建てたいのか、まずはデザイナーと相談してから建築を決めていきましょう。

4.信頼できる監理

デザイナーズハウスを選ぶメリットとして、理想通りの家を建てることができる点だけではなく、デザイナーが設計通りに施工が進んでいるのか確認する「監理」を実施してくれるため安心して任せることができる点も重要です。
デザイナーは、設計内容の実現具合を確認するため、何度も現場に確認しにいくことがあるので、信頼して家を建てることができます。

デザイナーが確認する監理の内容としては、指定した資材が使用されているのか、設計通りの着手を行っているのかなど、細かい部分を確認してもらうことが可能です。
デザイナーが自分の作品となるデザイナーズハウスの監理をしっかり行ってくれるので、自分が望んだ設計通りに建築することができます。

理想的な家を建てたいならデザイナーハウスがおすすめ

東京で家を建てる場合、せっかくであれば理想通りの家を建てたいと考える方も多いでしょう。そんな理想的な家を建築したいのであれば、デザイナーズハウスを選択することをおすすめします。
デザイナーズハウスは、デザイン性だけでなく、内部にもこだわりを持って建築することができ、住みやすさを向上させる家を建てることも可能です。
耐震性を持たせるなど、機能性についてもデザイナーと相談しながら進めていけば、強度が強いデザイナーズハウスを建築することもできます。

デザイナーの意見も取り入れることが大切

デザイナーズハウスは、自分の意見を反映させた家を建てることができます。しかし、自分の意見だけを通していると、設計に無理が生じる恐れがあるでしょう。無理が生じると、住みにくい家になってしまう可能性もあります。

そういった失敗に繋がらないためにも、デザイナーの意見は真摯に受け止めて、ある程度デザイナーズハウスに反映させることを検討することが大切です。
一度建築してしまうと、修正することは難しいので、計画の段階でデザイナーの意見を取り入れたデザイナーズハウスを設計し、満足できる家を建てる必要があります。

東京でデザイナーズハウスを建てるなら慎重に

オリジナリティ溢れる家を建築することができるデザイナーズハウスは、自分の思い描いた通りの家を建てることができるため、自分の住みやすい環境に整えることもできます。また予算も、デザイナーと相談して決めることで、安く見積もることができるケースもあるでしょう。

ただ建築する上で、自分の意見を通し過ぎると、形状が複雑になって金額が高くなったり、設計に無理が生じる可能性があります。
一度建築されると修正が難しいので、デザイナーズハウスを建てるなら、デザイナーと相談しながら無理のない計画で慎重に建築していきましょう。