LifeDesign Lab

Life-Plan
豊かな生活
2019-07-19

東京で注文住宅を建てた時の失敗談とは?気を付けることを解説!

東京で注文住宅を建てる場合、色々と要望を加えた家にすることが多いですが、安易に決めてしまうと、建てた後に失敗に気付くことがあります。今回は、東京で注文住宅を建てる上での失敗談について紹介していくので、参考にしてみてください。

東京で注文住宅を建てる上での失敗談

東京で注文住宅を建てることが憧れだという方も多いでしょう。そんな方のために、東京で注文住宅を建てた際の失敗談を紹介していきます。具体的にどのようなことが失敗となってしまうのかを、ぜひ参考にしてみてください。

1.リビングが広すぎて冷暖房の効き目が悪い

リビングを大きくし過ぎたために、冷暖房の効き目が悪いといった失敗談をよく耳にします。ゆったりしたリビングは、家族が心を休める場所として活用することができますが、適度な大きさでないと、冷暖房の効き目が悪く失敗してしまう恐れがあるでしょう。
他にも、吹き抜けのリビングの場合は開放感があるものの、暖房の温かい空気が上に逃げてしまうため、リビング全体が暖まらない可能性があります。床暖房を設置するなり対策が必要です。

2.外から室内が丸見え

オープンキッチンに設計したことで、来客がある場合に生活感のある台所が見えてしまったり、玄関を開けると部屋の様子がわかってしまうなどの失敗談もよくある話です。
宅配便の方や配達員の方からも、部屋の中が見えてしまうと、生活感がわかってしまうため、家を建てる際には間取りを計画的に考えておく必要があります。
出来れば、玄関から視線を遮る仕切りがあれば理想的なので、間取りを決める段階で計画的に設計することが大切です。

3.大きな窓を設置して周りからの視線が気になる 

大きな窓を設置したものの、隣の家との距離が近いことや道路と面していることから、周りの視線が気になるという失敗談もあります。大きな窓は開放感があることから、設置したいという方もいますが、設置する場所は事前に考えておくことが重要です。
他の家との距離間や、窓はどこに面しているのかなど、事前に把握してから窓を設置するようにしましょう。

4.コンセントが足りない

想像以上に電化製品を使うことが多く、コンセントの数が足りないなどの失敗談も、注文住宅ではよくある話です。また、コンセントの数は多くても、必要な場所に設置されていないと、利便性がなく意味がなくなってしまいます。
テレビなどの電化製品をどこに置くのか、事前に把握しておけば、配線状況からコンセントの設置場所を判断することが可能です。

5.収納が使いづらい

収納が狭い、収納の奥行が深すぎて手前に無駄な空間があるなど、注文住宅を建てる上で収納についての失敗談は多いでしょう。収納は多い方が便利ですが、収納の設計を計画的に行わないと、無駄なスペースを生んでしまうので、注文住宅を建てる前に検討しておくことが大切です。

東京で注文住宅を建てる時に気を付けること

東京で注文住宅を建てる場合、失敗談は数多くあります。失敗談を参考に、東京で注文住宅を建てる場合は、どのようなことに気を付ける必要があるのか、紹介していきましょう。

 

1.不必要に部屋を広くしない

間取りが広い方が、開放感があってゆったり過ごしやすい環境にすることができます。しかし、無駄に広い部屋にしてしまうと、構造的に冷暖房の効き目が悪くなったり、無駄なスペースを生んでしまう恐れがあるのです。

東京で注文住宅を建てるのであれば、部屋の間取りは出来るだけ計画的に、利便性の高い広さで建築する必要があります。
注文住宅で色々と要望はあると思いますが、設計する段階で建築家とよく相談し、間取りを決めていくことが重要です。

2.間取りを事前に理解しておく

大きな窓や開放感のある部屋を演出することは、過ごしやすい家にするために、重要な要素になります。しかし、窓の配置や道路から見える方角を把握しておかないと、失敗の原因になる恐れがあります。
建てた時に失敗しないためにも、間取りを事前に理解しておき、計画的に注文住宅を建設していくことが大切です。

3.コンセントは多めに設置する

注文住宅で失敗しがちなコンセントについての悩みは、基本的にコンセントを多めに設置することで解決することがあります。電化製品を使用する場所を理解しておき、周辺には多めにコンセントを配置しておくことで、利便性の高い家を実現することが可能です。
コンセントの配置が少なくて失敗するよりも、多めに設置した方が、有効活用することができるケースが多いので、コンセントは出来るだけ多めに配置することを心掛けてください。

 

東京で注文住宅を建てるなら計画的に

東京で注文住宅を建てる場合、自分の要望だけを取り入れるのではなく、建築家の方と相談して、利便性が高く、使い勝手がいい機能的な注文住宅を建設することが大切です。

今回紹介した失敗談や気を付けることを参考に、何を取り入れて、何に気を付けないといけないのか、心に留めておきましょう。

せっかくの注文住宅の建設で失敗しないためにも、注文住宅は計画的に立てるようにしてみてください。