LifeDesign Lab

Life-Plan
豊かな生活
2019-04-24

デザイナーハウスとは?特徴や建築費用について解説していきます!

有名な建築家が設計したことでオシャレなイメージの強い、デザイナーハウスですが、実際にはどのような定義があるのでしょうか。また特徴や建築費用についても、設計する上で参考にしたい方も多いでしょう。

今回は、デザイナーハウスとはどんな家なのか、特徴や建築費用など詳しい内容を紹介していきます。

デザイナーハウスには明確な定義はない

デザイナーハウスはデザイン性に富んでいる、オシャレな家というイメージがありますが、明確にはデザイナーハウスに明確な定義は存在していません。あくまでも、響きがオシャレに聴こえるため、デザイナーハウスとしてハウスメーカーや工務店が名前を利用しているにとどまります。

ただ狭土地でもオシャレな設計で家が建てられていたり、建築士や建築家が設計を行った住宅をデザイナーハウスとして表現することが多いのが特徴です。そのため、普通の住居よりもオシャレな演出が施されている住居が多いと言われています。

特に都内にデザイナーハウスと呼ばれる建築物が多く、依頼主のライフスタイルや価値観に合わせた、家作りが行われていることが多いでしょう。自分の理想とするデザインがあれば、デザイナーハウスを作ってもらうのもおすすめです。

デザイナーハウスはライフスタイルや価値観に合わせて設計

デザイナーハウスの定義は、明確にはありませんが、意味合いとしては依頼主のライフスタイルや価値観に合わせて、建築士と相談しながら設計を施す住居のことです。

主に、すでに設計された住宅に、自分のライフスタイルを反映させて、デザイナーハウスにしていくような形になります。

機能性やデザイン性など、自分の好みを住居に反映させていくことができるため、デザイナーハウスはオシャレで、他にはない世界観で作り上げることが可能です。

趣味で利用する道具を置くスペースをわざわざ設計したり、間取りを広く見せて、庭を綺麗に見せる演出を施すなど、自分の理想とする住居をデザイナーハウスで実現することができます。

ただデザイナーハウスといっても、ご近所さんとの関係性も考慮した上で設計することが大切です。他にも、デザインだけでなく、間取りや素材選びも慎重に行う必要があります。

デザイナーハウスの建築費用

自分の好みを反映させることができるデザイナーハウスですが、建築費用は比較的高くなる傾向にあります。設計料やデザイン料がかかることから、ある程度は予算に余裕を持たせる必要があるでしょう。

他にも、素材にこだわりを持たせる場合に、価格が高くなることもあり、どこにどの素材をどれくらい使用するかによっても、全体的なデザイナーハウスの金額は異なります。

素材については、まとめて発注する企画住宅と異なり、単品発注になると1つ当たりの単価が高くなるので、素材にこだわる場合は注意しましょう。

また完成した後に特別な素材を使用している場合は、修理費やリフォーム代も高くなるので気を付けることが大切です。

資産価値として考えた場合は、デザイナーハウスはこだわりがあることから、高額な資産にできると考えている方もいますが、誰かに売ったりする場合は、値段がつきにくいのがデザイナーハウスの特徴になります。

自分にとって大切な設計でも、多くの人が好む設計ではない可能性があるため、企画住宅とよりも安い金額で取引されることが多いでしょう。

デザイナーハウスの実用性

デザイナーハウスに実際に住んでみるとわかりますが、事例としては外観や内装にこだわるあまり、無理な施工で断熱性がなくなってしまっていることもあります。

他には、雨漏りなどで設計上の無理が関係して、修理費用が高くなるケースもあるようです。企画住宅であれば、緻密に設計されていることから、雨漏りなどは経年劣化以外の理由で発生することは少ないですが、デザイナーハウスは設計の関係で、日常的に雨漏れする可能性もあります。

しかし、基本的にはデザイナーハウスを設計するのは、専門家である建築士になるので、慎重に建築や設計を進めていけば、問題が発生することはありません。

雨漏りや断熱性がなくなってしまうのは、無理な設計によるものなので、綿密に計画していけば、実用性もデザイン性も高いデザイナーハウスを製作することは可能です。

依頼する建築士の話はよく聞いて、実用性の高いデザイナーハウスにするためには、どうすればいいのか、相談しながら決めていきましょう。

デザイナーハウスは建築士と相談することが大切

デザイナーハウスを住みやすい住居にするためには、建築士と綿密に相談しながら設計していくことが重要です。

ただデザイン性だけを考慮した設計で、無理に建築を依頼してしまうと、後からトラブルの元になる可能性があるので、ある程度、建築士の話をデザイナーハウスに反映することも大切になります。

上手くデザイナーハウスを設計することができれば、デザイン性もオシャレで、実用性の高い住居にすることができるので、理想的な住まいとして作ることが可能です。

慎重にデザイナーハウスの設計を作り上げて、快適な生活を送っていきましょう。