LifeDesign Lab

Life-Plan
豊かな生活
2019-03-29

東京で二世帯注文住宅を建てる際に気をつけることとは?

東京で二世帯の注文住宅を建てたい! と思っている人も少なくないでしょう。

では、二世帯の注文住宅を建てる際に気をつけるべきこととは?

ここでは、東京で二世帯注文住宅を建設するときの注意点を紹介します。

二世帯注文住宅を建てるときの3つのポイント

1.家族みんなの要望をまとめる

二世帯注文住宅の場合、住む人数・家庭が通常より多いため、家族全員の要望を盛り込むことが重要となります。

家族関係やライフスタイルによって、理想の住まいは異なるでしょう。

しかし、中には二世帯注文住宅だからこそ、妥協しなくてはならない点も出てくるかもしれません。

家族で仲良く話し合って、要望をまとめる必要があります。

 

2.完全分離型、部分分離型、完全共有型どれにするかを選ぶ

二世帯注文住宅の場合、当然ながら、2つの家庭が一つの家に住むことになります。

各家庭を完全に分けるのか、それとも一緒にするのか。

程度を考えなくてはなりません。

完全分離型はプライバシー重視の人におすすめ。また家庭によって生活時間帯などが違う場合も完全分離型が暮らしやすいです。

部分共有型は、玄関・キッチン・浴室・洗面所など、一部のスペースを2つの家庭で共有するスタイル。部分共有型であれば、完全分離型ほどスペースをとることなく、ある程度のプライバシーを守れます。同じ部分を共有しているため、互いの気配に気づきやすく、万一の事故や病気にも対応しやすいです。

完全共有型はまさに同居。一つの家に住むため、建築コストや土地面積が少なく済みますが、プライバシーの点で問題が生じることもあります。

 

3.将来のことを考える

二世帯注文住宅の場合、2つの家庭が一緒に住む分、ライフスタイルや家族の人数に変化が出やすいです。

お子さんがいる場合は子供が独立したときどうするか、お年寄りがいる家庭はバリアフリーにするかなど、将来のことを考えたうえで、設計しましょう。

そうすることで、長く住み続けられる家になります。

 

まとめ

東京で二世帯注文住宅を建てる際、気をつけておきたいポイントでした。

二世帯注文住宅は、家族一緒に住める安心感がありますが、住む人数が増えることもあり、工事も大掛かりになりがち。

全員の意見をまとめるのも大変です。

後悔しないためにも、焦らずまずは理想の注文住宅のイメージをしっかり浮かべてから、設計・施工に取り掛かりましょう。